幸せになる義務

生きる理由があるから生きてるんじゃなくて、特に死ぬ理由がないから生きてる。辛い時はそう思わないともっと辛い。
ラルクの25周年ライヴを観に行く、VAMPSのライヴを観に行く、MARVEL映画をリアルタイムで追いかける、色んな漫画を読むetc…パッと思いついた物でこれくらい?生きる理由というよりは死ねない理由かもだけどwでもまあそんなモンで良いんじゃない?
自己実現のためだと思っています。自分の行ったこと、作ったものが他から優光泉の通販が評価されることが楽しい。だから逆に他人を軽々しく否定する人は大っ嫌いです。
この国だと仕事の為、生活の為
人は今の人生を楽しく生きて、人に親切にする為に生きているのです。 幸せになる権利があるのではなく、幸せになる義務があるのです。
悪いけど社会的に意義のある仕事してて、それで目一杯楽しんで女の子と遊んで金までもらってるんでね。これで社会を1mmでも良くできたら最高だな。
地球を破壊する為に生きている
人生に意味なんてないよ。もっと言えば思想も国も地球にも宇宙にも意味はなく、ただ存在するだけ。そして永遠に存在するものもない諸行無常の世界です。でも生きる意味はなくても生きる意義はあると思う。私はこの世の行く末を見届けたいから1秒でも長く生きたい。
肉体と言う牢獄から魂を開放する為に生きている。其の牢獄生活を嘆くか、牢獄内で快楽を得ようと足掻くかの違い。
動物はそんな事考えないだろうな。正解のない問いに時間を費やすより、まずは目の前の事をちゃんとやれよ。
まず 自分自身を愛するため だろうか…。でなきゃ、生きていない。そして自分を愛してくれる人たちがいてくれるから、生きられている。ってのも ある。